2016年10月10日

味まつり

台風の影響で、N小学校の運動会が延期になり
時間が空いたのでHPで催しを検索すると
「丹波篠山味めぐり」が出てきた。
そうだ今は何処の地区も「収穫祭」
夫さんと篠山まで出かけました。車(セダン)
冬は「シシ鍋」を食べに行っている場所なので
わかりやすいが、車が渋滞していた。
シャトルバスに乗り会場へ行く。
いつも静かな商店街が人で溢れていました。
味まつり会場が、どの食べ物も行列。
青空のもと美味しい食に、満足、満足るんるん
今年で45年目を迎える私たち夫婦。
2人で今は美味しい食べ物と、美しい四季の景色を満喫して
いる人生に感謝。
篠山.jpg
posted by swan at 05:33| Comment(0) | 日記

2016年10月03日

間人(たいざ)

丹後半島へ温泉に夫さんと行ってきました。
間人と書いて「たいざ」と読みます。
温泉の帰りに間人の屏風岩に立ち寄りました。
先日の「カナダ」と思いたくなるような景色ですが
「カナダ」は空が日本海と違い澄みきっていました。
いやいや、日本もすてたもんではありませんぞ。
何処へ出かけても「地産地消」の野菜や果物を
買って来て、賞味するのが今は夫婦の楽しみです。
秋は特に果物が美味しい、みずみずしい梨やぶどう。
贅沢な時間が流れます。
間人.jpg



posted by swan at 05:30| Comment(0) | 日記

2016年10月01日

カナダ旅行

トントン拍子に知人5人で「カナダへ行こう〜〜」
と話がまとまり、9月21日〜28日まで行って来ました。飛行機
わお〜〜〜〜感動と興奮で元気であればこそと知人5人とも
同じ思い。長く続くロッキー山脈その恩恵を受け透き通った
湖〜何万年もの氷河壮大だ。
何度もTVやパンフレットでみた「ナイヤガラ」
吸い込まれそうな雄大な滝。
初めてとは思えないくらい息のあった5人でチン道中。
一度は行ってみたかった「カナダ」
正直、料理はアバウトすぎと量が多すぎて今一だったが
景色だけで満腹になった。思い切って行け、最高に良かった。るんるん
カナダ.jpg


posted by swan at 05:13| Comment(0) | 日記

2016年09月20日

気づけば・・・

今はもう秋〜〜〜♪
こんな歌詞がありましたね・・・
敬老の日にかかわりのある日がくるなんて・・・
夫さんに招待状「こんな歳になったか」
なんてつぶやいていますが現実です。
そんなぶつぶつ言っている中
孫達から夫婦湯のみのプレゼント。
温かいお湯を入れ、歩んだ道を振り返る・・・・
これから先、お互い元気でいることが一番だと。
湯のみ.jpg


posted by swan at 05:45| Comment(0) | 日記

2016年08月22日

竹田城

一度は行ってみたかった「竹田城」
夫さんが休みになると温泉巡り。
HPで検索し今回は朝来方面にいく事に
しました。「よどふ温泉」聞き慣れない地名
なのでナビをつかい到着。
田んぼの真ん中にある情緒ある風景の中の温泉。
温泉に置いてあるパンフレットを夫さんが
見て「竹田城が近くにあるのでいこう」
数分で竹田駅到着。タクシーで案内してもらい
パンフレットに写っている公園で本物をみて
2人で感激。城跡まで行ったが以外にも
坂道が厳しく夫さんは待機。私一人で城跡まで
行き満足。しかし足腰が丈夫でないと到着しません。
思い立ったら吉日ばかりの温泉巡りで竹田城にいく事ができ
とても良かった。
城.jpg

posted by swan at 06:24| Comment(0) | 日記

2016年08月17日

孫達の帰省

転勤族の次女家族がお盆に帰省しました。
2人の女の子に久しぶりにご対面の夫さんは
大喜び。1泊2日で芝政ワールド、恐竜博物館へ行って
来ました。何処へ行っても人ごみばかり。
スイミングに通っている2人の孫は
たくさんあるプールで大喜び。
博物館は大きい恐竜に驚き、興味津々で見入って
ました。孫達は来て安心、帰ってホッコリ。
毎度のことですが、体も財布の疲れました・・・
福井.jpg
posted by swan at 10:30| Comment(0) | 日記

2016年08月08日

ひまわり

与謝野町の「ひまわり畑」に夫さんと行ってきました。
地域お越しで、「ひまわり」で人手を呼び込み
近くにある温泉は地産地消でバイキング。
若者達も働く場所があり、活気に満ちてました。
猛暑の中に咲く「ひまわり」に魅せられて
老若男女がたくさん来てました。
ひまわり.jpg

posted by swan at 08:57| Comment(0) | 日記

2016年08月07日

地元の祭り

今年は町内の組長の当番になり、会議や行事に
出席が多くあります。4度目の組長ですが夫さんの
代理ばかりで、次は高年齢でとても組長は出来ません。
毎年6日は地元のお祭り。
子育てのころは、子ども達の手踊りで会場盛り上がり
ましたが、今は盆踊りもありませんが、世帯数が増え
人出が凄い。年々若い人が増え良いことだ。
舞鶴の地域によっては過疎化が進んでいるが
若い世代が住みやすい地域でないと、どんな行事も
受け継がれない。一日仕事でしたが最後の組長
のご奉公でがんばりました。
祭り.JPG
posted by swan at 08:35| Comment(0) | 日記

2016年08月06日

ナホトカの子ども達

ナホトカ市姉妹都市55周年記念交流会に行って来ました。
1961年から姉妹提携行い、関係者団体との交流で
NPO法人まいづるネットワークの会の理事として
参加しました。舞鶴からは日本の伝統的な琴の演奏と
三味線に合わせて、銭太鼓をナホトカの子ども達と競演し
会場は大盛り上がり。
こんな光景は平和でないと出来ないこと。友好都市の大切さ
とナホトカの子ども達の笑顔に、ナホトカに何時か行ってみたく
なりました。
ナホトカ.jpg


posted by swan at 05:24| Comment(0) | 日記

2016年08月03日

川床料理

念願が叶って貴船の川床に行って来ました。
平日にもかかわらず、人出が多かった。
狭い山道に川が流れ、せせらぎの音の上に
川床があり、贅沢な時間を過ごしました。
川魚がメインで、見た目も京都料理の風合いが
満載。何時か行ってみたい川床料理を満喫し
「世は満足じゃ」の日でした。
川床.jpg

posted by swan at 08:42| Comment(0) | 日記

2016年07月29日

熱く燃えました

ブログを久しぶりに開けるとドヒャ〜〜〜〜
なんと1ケが月ぶり・・・・・
書くことがあるのに明日あしたでこんなに空きました。

今は子ども達の夏休み。子ども達は休みでも
働く父兄には夏休みはないので児童クラブに
お弁当持って来ています。毎日、変化のない日々
そんな中、フラダンスの方に来たいただき皆で
踊りました。衣装まで持って来てもらい子ども達は
大喜び。1時間以内で一曲踊れるようになりました。
熱い体育館でしたが、楽しい時間になり指導くださった
先生方ありがとございました。
フラー3.JPG

posted by swan at 09:30| Comment(0) | 日記

2016年06月27日

心が温かな日

夫さんの久ぶりの休日。
「伊根に行って遊覧船に乗りたい」と言うと
「行くよ」と言ってくれた。
天気も良いし伊根へ車(セダン)遊覧船に乗り舟屋を海側から見る。
カモメやトンビもえびせんを投げるとなれたもんで
キャッチがうまい。その後、看板に「小野小町のお墓」と
出たので大宮へ行く。日曜日とあって観光客が多い。
地元の人が日曜日しかやっていない食堂に入る。
素朴な作りだがコーヒー注文すると、地元のフライドポテト、
スモモを無料でつけられた。最後の客だったのか
余ったスモモをたくさん頂いた。
帰り道、夫さんが気になるお寺を見つけ、門の前で写真を
撮っていると住職さんが来て「良かったら寺院中を見て下さい」
と快くして頂き、仏様を見せていただきました。
夕暮れ時、「小野小町」温泉が近くにあり入浴して
夕食は福知山へ行き帰宅しました。
いろんな方に親切にされ、高価な買い物をするよりも
温かな気持ちにさせていただいた人達に巡り会え
こんな近くに歴史があり、人情にふれた、いい一日でした。
舟屋と小野小町
伊根.jpg
posted by swan at 20:01| Comment(0) | 日記

2016年06月19日

ゆり

舞州に行って購入した「ゆり」がやっと咲きました。
早めに行き過ぎ、開花が2分咲きで感動がありません
でしたが、購入した「ゆり」は毎年咲いてくれるでしょう。
夫さんはゆりの花が一番好きで、それも真っ白だ
そうで、大輪の花は落ちるのも早い。
私は四季を通じ・・・うん〜〜〜〜どれも好き。
自宅の庭はネコの額ほどだが、いろんな花が道行く
人を楽しませてくれていると思っている????
年間にすると花代も相当なもんだが
花から元気と季節感をいただく。
一日泣いても、笑っても花は身じろぎもせず
心を豊かにしてくれる。
ゆり−3.JPG

posted by swan at 09:41| Comment(0) | 日記

2016年06月13日

凄いですケーキ

毎日やることだらけの日を過ごしてます。
そんな中、神前結婚式がありました。
すべて手作りで、式場一杯にいろいろ飾られ
ムード満点。その中でもすごいケーキです。
新郎、新婦とその家族までクッキー作られたました。
会場の皆が、そのケーキを写真を撮るのに
新郎さんをのけるのける。
アイデア一杯の式典で、感動しました。
若い人達の力は凄いですね。
いつの間にか、今時の感性に年代をかんじます・・・・
こうして、時代は受け継がれていくのでしょうね・・・・
ケーキ.jpg
posted by swan at 20:33| Comment(0) | 日記

2016年05月30日

今年も行ってきました。

舞州の「ゆり園」に行って来ました。
今年は早く来過ぎたのかゆりの花は2分咲きふらふら
昨年は満開のゆりと天候に恵まれとても綺麗でした。
係りの方も申し訳なさそうに「開花に予想はむずかしいです・・」
自然のことは誰にもわからない。
ゆり花販売店で購入し自宅で楽しむことにしました。
それから、神戸の大学に行っている孫とショッピング
そしてディナーをし、夫さんは小遣いまで孫にやり笑顔で見送り
互いに帰りました。
ゆり.jpg


posted by swan at 16:27| Comment(0) | 日記

2016年05月27日

会えない人・・・・

子育て中、知り合った「ママ友」の一人が亡くなりました・・・
振り返るともう30年・・・年の数回ランチやプチ旅・・・
子ども達も大きくなり地域貢献にと「ザ・夢舞」を立ち上げ
小学校の行事があるたびに託児を担当し今も続いています。
夏は地元の「ふれあい祭り」で子ども対象の小物を担当し
終わった後には慰労会をし「来年もがんばろう〜〜」
と約束していたのに・・・・
子どもを通じこうして30年も続いている「ママ友」
そして老後は「ママ友」でホームへ入りボランティアをしよう・・・
なんて笑顔で言っていたやん・・・
思い出だせば涙が溢れでる・・・・さようならMさん・・・
ありがとうMさん・・・・・・
しろ花.jpg


posted by swan at 06:47| Comment(0) | 日記

2016年05月17日

鼻っ柱を折られる

先日、午前中に私立高校Nで開催された「地球のステージ」
では世界の貧困や、災害の爪あとが映像で流され
命のメッセージが伝えられました。
溢れる涙と自分の行動を見直しました。
午後からは、J中学校生徒達と「美化清掃」に
警察署の方、地域の方と共に駅〜商店街と、ゴミ拾い
の活動でした。子ども達は真剣にゴミ拾いをしていました。
無難な生活リズムと鼻高と暮らして
いる自分に鼻をへし折られる日でした。
自分のしている事は鼻くそみたいなもんで
自惚れないよう、生きていこう・・・
ゴミ.jpg




posted by swan at 05:26| Comment(0) | 日記

2016年05月11日

10年通いました

F市のビーズ教室は5月をもって閉校しました。
10年前はビーズブームで午前、午後で約40名の
方々に通っていただき、私も受講生の方達も皆さん若かった。
振り返ると、何十人の方と出会い、別れたことでしょう・・・
いい思い出ばかりです。
私より年配の方が多く、教えていただくことが
たくさんありました。四季を通じ通ったF市です。
いいかたばかりに恵まれ、10年間続けられました。
途中で「閉校しましょうか?」と何度かいいましたが
「まだまだ継続したい」希望者がおおく今まで
継続してきましたが、一時間もかけて運転する
体力や自信がなくなり、このへんで・・・・
F市のみなさん、本当にありがとうございました。
最後の作品です。
福地やmあ.jpg
posted by swan at 11:06| Comment(0) | 日記

2016年05月09日

母の日

義理母・実母は他界し母の日にプレゼントする
品はありませんが、どの店頭を見ても母の日の
プレゼントの品がたくさんあります・・・
そんな中、夫さんからは花と夕食の手巻き寿司の
プレゼントを頂きました。
寿司のネタは何時もの新鮮な魚屋さんから取り寄せて
くれ、美味しかった。
子供達からは手提げバック、ですが注文が遅くなったので
後日です。毎日母の日がいいなあ〜〜〜
母.jpg
posted by swan at 16:32| Comment(0) | 日記

2016年05月05日

ゴールデンウィーク

晴天に恵まれ、台湾へ行って来ました。
日本語の上手なガイドさんで、歴史を伝えていただきながら
観光しました。ガイドブックで前持って
情報をえていましたが、やはり名所は実物がいい。
面積的には、九州よりやや大きいくらいの台湾です。
福岡〜鹿児島を観光して福岡に帰って
来るような台湾でした。
孫達のリクエストお土産を買ったり
屋台村へ行ったり〜夜市へ夫さんとでかけたり・・・
お互いが元気でお金と時間があれば
また、違う外国旅行にいきたいなあ〜〜
台湾.jpg


posted by swan at 19:06| Comment(0) | 日記